わき脱毛が安い!

わきは脱毛の施術で最も人気の部位ですよね。

 

ほとんどすべての女性がムダ毛の処理をする部位ですから、脱毛サロンでの施術部位でも人気ナンバーワンです。

 

わき脱毛

 

わき脱毛をすると普段の悩ましいムダ毛処理から解放されるので当然のことですよね。

 

わき脱毛の施術を受けるには、医療脱毛のクリニックか、エステサロンまたは脱毛専門サロンでの美容脱毛ということになります。

 

医療脱毛は、その名のとおり医療行為なので安心で確実で永久脱毛も可能です。

 

しかしサロンでの脱毛に比べれば痛く、料金も比較的高額なのがデメリットですね。

 

エステサロンの脱毛メニューと脱毛専門サロンでの施術は同じ美容脱毛です。

 

美容エステやダイエットなどとあわせて脱毛の施術をしたい方には、脱毛メニューのあるエステサロンがいいですね。

 

わきや他の部位の脱毛だけをしたいなら、脱毛専門のサロンがおすすめです。

 

美容脱毛は脱毛だけでなく、肌の美容にも効果が期待できますからね。

 

最近はそんな脱毛専門のサロンが増えてきました。

 

脱毛専門でやっているので、料金もとてもリーズナブルで通いやすくなっていますね。

 

色々調べていると、本当にわきの脱毛って安いサロンが多いので、チョット紹介します。

人気脱毛専門サロンのわき脱毛

脱毛専門サロンとその施術方法、わき脱毛のコースと料金です。

 

多くのサロンでは常時何かのキャンペーンをやっていて、特にわき脱毛を含むコースはキャンペーンの対象となっている可能性が高いので、ぜひチェックしてみてください!

 

ミュゼプラチナム(S.S.C.)

ポイントサイト用

 

回数無制限で何度でも美容脱毛できる「両ワキ脱毛完了コース」がWEB予約で2,600円です。

 

店舗数・売上げで5年連続ナンバーワンの最大手脱毛専門サロンです。

 

ミュゼ/全国178店舗&24時間予約・変更可能

 

エピレ(IPL)

脱毛エステサロン

 

はじめての方限定のお得なファーストプラン「両ワキ脱毛6回」が通常14,580円がはじめて割特価で500円です。

 

大手エステサロンであるエステティックTBCプロデュースの脱毛専門サロンです。

 

お得!両ワキ+Vライン脱毛

 

銀座カラー(IPL)

銀座カラー 脱毛キャンペーン

 

両ワキ脱毛を含むコース「デリーケートチョイス」は、8回が21,000円、し放題が37,600円となっています。

 

料金、効果、満足度、技術力および信頼できるサロンでも第1位に輝く大手脱毛専門サロンです。

 

\業界初☆1年間のスピード脱毛/【銀座カラー】2ヶ月目も0円♪

 

ディオーネ(ハイパースキン)

 

両ワキを含む「Sパーツ」は、全12回コースが24,000円、ショートコース6回が15,000円となっています。

 

3歳の子供も通える痛くない脱毛として大人気の脱毛専門サロンです。

 

【全身脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロンディオーネ

 

ビーエスコート(IPL)

ビー・エスコート

 

2年間で6回通えるコースが21,000円〜、期間無制限で10回通えるコースが34,000円〜です。(店舗により料金が異なります)

 

業界初の、どの部位も均一料金システムですが、両ワキ脱毛し放題39円というキャンペーンをやっていたりします。

 

ビー・エスコート

 

わき脱毛

 

その他、わきだけでなく全身も脱毛したい方は全身脱毛専門サロンがおススメです。

 

その他の脱毛サロンを見る

脱毛の施術方法について

脱毛サロンでの施術方法(脱毛の方式)は、基本的には肌に光を当てるのは同じですが、当てる光や塗るジェルの機能が異なり、脱毛の仕組みはいくつかあります。

 

IPL脱毛

従来より脱毛サロンで行われている光のパルスを照射する方式で、光の熱によって毛根にダメージを与えるものです。

 

毛根のメラニン色素にアプローチするため、毛が生えている状態でのみ効果があるので、毛周期に合せた施術が必要です。

 

S,S,C.脱毛

抑毛効果のある特殊なジェルを使い、光の効果とジェルの効果の相乗効果で毛根にダメージを与えるものです。

 

毛周期に合せた施術が必要ですが、IPLより効果のムラが少なく、美肌効果もより期待できます。

 

SHR脱毛

毛根ではなく毛穴全体(毛包)に熱を集めるもので、メラニン色素を必要とせず産毛や薄い毛の脱毛も可能です。

 

毛根を必要としないので、毛周期に関係なく施術の間隔を短くでき、脱毛完了までの期間も短縮できます。

 

ハイパースキン脱毛

生えている毛ではなく発毛因子(毛の種)にアプローチするので、光の温度が低く温かく感じるくらいです。

 

肌へのダメージが全くない「最も痛くない脱毛法」として人気ですが、採用しているサロンはまだほとんどありません。

 

わき脱毛

 

わき脱毛のサロンへ

<コラム>

サロン脱毛で効果を半減させないために気を付けること

特に女性にとっては、脱毛は一生ついて回る面倒事だと思います。

 

私はあまり美容にお金をかけるタイプではありませんが、自己処理に費やす時間と肌の負担を考えた時、永久脱毛をしてしまったほうが良いという結論に至りました。

 

そして8年ほど前、エステサロンにてワキ・肘下・膝下の三ヵ所をセットにした5回コースに申し込みました。

 

5回では「永久」とはいきませんが、自己負担がかなり軽くなると聞いたのです。

 

実際、膝下は今、ほとんど手をかけなくても良い状態です。

 

ワキもだいぶ本数が減ったと思います。

 

が、肘下だけはほとんど変わりませんでした。

 

この差は何かというと、サロンに通っていた当時の自己処理の違いです。

 

膝下は面積が広いのでカミソリを使っていましたが、ワキや肘下にはしばしば毛抜きを使用してしまったのです。

 

サロンで脱毛する際、下準備に毛抜きを使ってはいけません。

 

その約束事をつい破ってしまったため、せっかくお金をかけたのに、それに見合った効果を得ることができませんでした。

 

完全に自業自得と反省しています…。

 

ところで、当時の脱毛はけっこう痛かった記憶があります。

 

機械を当てる前に入年に冷やす必要があったし、当てた後も冷やしました。

 

だから当時の脱毛方法では全身をやるのはキツイなという印象でしたが、最近は痛くない脱毛があると知りました。

 

さっそくカウンセリングに行ってみると、新規オープンのキャンペーン中なのも手伝って、意外とリーズナブルです。

 

契約を前向きに考え中ですが、くれぐれも自己処理には気を付けたいと思っています。

 

わき脱毛

 

わき脱毛のサロンへ

 

毛穴なしのすべすべお肌になるためには

全身にある毛穴、とっても気になりますよね。

 

特に夏になると薄着になるので、露出が増えてとにかく気になってしまって、気が気じゃない日も、、、。

 

私は5年前までそう思っていて、夏になると憂鬱で仕方ありませんでした。

 

そんな時に色々と調べて、実際に体験したのが脱毛サロンと家庭用脱毛器です。

 

まずは、脱毛サロンの体験に行きました。

 

正直、少し勧誘がうるさくもありましたが、施術はスピーディで痛みもなかったです。

 

1回では効果は見られなかったものの、毎日カミソリで処理をしている事は、肌を傷つけていて、色素沈着の原因になると言うことを教わり、怖くなって思いきってコースの申し込みをしました。

 

脇、膝下、ひじ上のプランを申し込み約1年かけて通い施術完了しました。

 

想像以上に綺麗でビックリしました。

 

今の所、自己処理をせずに水着も着れちゃいます。

 

脱毛と並行して保湿も力を入れたので色素沈着もだいぶ良くなりましが、今まで自己処理をしていたことを後悔しています。

 

脱毛をするなら絶対にサロンがオススメです。

 

脇は特にです。

 

と言うものの、家庭用脱毛器も試してみた私。

 

一言で言うと効果うんぬんよりも、手が届きません。

 

脇、足、手などならいいのですが、背中とかは誰かにやってもらわないと難しいと思います。

 

業務用に劣らないほどのパワーはありましたが、1回では照射できる範囲が狭いこと、パワーがあるがゆえに冷却をしっかりとしないといけないことが段々と 面倒になって行き、今ではクローゼットの奥に眠っています。

 

脱毛器も結構な値段がしたので、その分サロンに当てればよかったと後悔しています。

 

皆さんも同じような後悔はしてほしくないと思います。

 

なので私は脱毛サロンを強くオススメします。

 

わき脱毛のサロンへ

 

わき脱毛が安いのは何故?

 

わき脱毛って、どこのサロンでも低価格で施術することができますが、何故でしょうか?

 

それには2つの理由があると思います。

 

一つ目は一番多くの人が脱毛する部位だということです。

 

脱毛サロンに通う人すべてかほとんどの人がわき脱毛をするのではないでしょうか。

 

なのでサロン側にとっては客寄せのために低価格にしたほうがメリットがあることになります。

 

わき脱毛を施術した人の中には一定の割合で、他の部位の施術をする人もいるでしょうから、他の部位で大きく儲ければ良いですから。

 

もう一つの理由としては、わきの部位は非常に狭い範囲だということです。

 

ほとんどのサロンで部位にはSパーツとLパーツがあると思いますが、Sパーツの中でもわきは狭い部分でしょう。

 

同じくVラインなども狭いですから、そういう意味でもわきやVラインは低価格でも施術できるのでしょう。

 

わき脱毛のサロンへ